鶴乃江酒造

〒965-0044 福島県会津若松市七日町2-46

TEL・FAX(0242)27-0139

 

鶴の江 林家は、会津藩御用達頭取を務めた永宝屋一族で、寛政六年分家創業し、屋号を永宝屋と称しました。当主は代々平八郎を襲名し、銘柄「七曜正宗」「宝船」を醸造、明治初期に、会津の象徴である鶴ヶ城と猪苗代湖を表わす「鶴乃江」と改め、昭和52年藩粗保科公の官位にちなみ新銘柄「会津中将」を発売しました。「もちのくの花の会津は酒どころ」とうたわれておりますように、良い米、良い水、そして寒冷な気候と酒造りに最も恵まれた条件をそろえた会津の風土を十分に生かし、地元奥会津の純朴な杜氏達の造り上げる酒は「会津の地酒」として通の心を陶酔させます。

 

 

戻る